パーゴラの作り方・施工後の矯正

ウッドデッキのパーゴラ、ゆがみ対策をしないと微妙に角度がずれてきます。

パーゴラ歪んだら

垂直レベル

パーゴラは筋かいがないと「ゆがみ」の原因になるようです。製作時にやるのが一番でしょうが事後の補正が効くかどうかやってみたいと思います。
左の写真は柱の垂直レベルです。何とか許容範囲のような気もしますが、どうしたら修正できるか考えてみたいと思います。


ウインチで引っ張ったところ

ウインチ(1t用)とナイロンスリングで引っ張ってみました。正直1t用は大袈裟だったようです。 トラックで使う荷締機でも十分だったようです。


ナイロンスリング

ウインチのフックはワイヤー用なのでナイロン製のスリングではひっかけるのもやっとです。


補正後の垂直レベル

垂直レベル

ウインチで引張って、垂直を出したらこのまま筋交いを入れれば何とかなりそうです。


パーゴラ矯正のための道具

ジャッキとスリング

左がナイロンスリング1mを2本。ジャッキ1用。
GISUKE ギスケ パワーウインチ 1TON用 PW-100
ナイロンスリング

ラッシング タイダウンベルト ラッシングベルトレビュー特価950円!耐荷重5t×5m『ラチェット式ラッシングベルト』


尚このホームページで記述している内容は、まったく個人的な感想であり、悪意等はありません。 また使用に関しては、使用される方の個人の責任でお願いいたします。

▲このページのトップへ