ウッドデッキの作り方 フェンスの高さと形状を考える


ウッドデッキのフェンスは、出来上がったデッキの外観の顔になります。
ウッドデッキの作る場所の条件にもよりますが、道路やお隣から見えすぎるのも問題があります。道路際に作ったウッドデッキで、 フェンスが低く中が丸見えになっているものをよく見かけます。防犯面では効果がありますが、そこでお茶を飲んだりすることは結構勇気のいる行為になってきます。
カフェならいざ知らず、個人で楽しむ場合はプライバシーのことも考えたほうが良さそうです。


フェンスの種類による見え方の違い

そこで、各種フェンスで外からの見え方と中からの見え方について比べてみたいと思います。
ついでに昼と夜の見え方も作ってみましたので、参考にしてみてください。


ラティスフェンスの場合

ラティスフェンスでの外観

ラティスフェンスは、外観がお洒落で一番よく見るタイプです。ラティスフェンスは、案外丸見え感が強く、 設置場所を考えたほうが良さそうです。

ラティスフェンスの見え方・昼夜の比較


横貼りフェンスの場合

横張りフェンスの場合

横貼りのフェンスは、DIYで作る場合一番簡単な方法です。私も横張りフェンスを採用しました。

横貼りフェンスの見え方・昼夜の比較


縦貼りフェンスの場合

縦張りフェンスの場合

縦貼りのウッドフェンスは、横張り同様、DIYで作る場合よくあるタイプです。縦張りは小さいお子さんがいる場合、 よじ登ることができないので安心できるフェンスだと思います。

縦貼りフェンスの見え方・昼夜比較



クロス型フェンスの場合

クロス型フェンス

街でよく見かけるタイプ。
丸見えです。

クロスフェンスの見え方・昼夜比較



尚、このホームページで記述している内容は、まったく個人的な感想であり、悪意等はありません。
また使用に関しては、使用される方の個人の責任でお願いいたします。

▲このページのトップへ